今回、部屋に持ち込んだものたち② 〜 クラッシックカメラ | Ds EYE

今回、部屋に持ち込んだものたち② 〜 クラッシックカメラ

モノに偏愛な営業担当です(笑)

 

機能的に愛せるモノとかたちが愛せるモノ。

モデルルームに置いたモノたちの中で、

グッと部屋の空気感を 落ち着かせたのがこのカメラたちでした。

IMG_8605

 

クラッシックカメラたち。オリンパス「35-S」

昭和30年(1955年)というと、トヨタからクラウンが発売、

アメリカではディズニーランドが開園した年。

そんな年にオリンパスから発売されたのがこの「35-S」。

IMG_0663

当時としては最新式の35mmレンズシャッター機。

それ以前はノブ巻上げがほとんどであったものをレバー巻上げにし、

巻き戻しもクランクに・・・

 

・・・なんて言う、カメラの機能的なことにはあまり興味がないのです。

この圧倒的な存在感がずば抜けて好きです。

真鍮のボディの質感や手に取ったときのフィット感も。

 

実はこれ、以前に改装工事をさせて頂いたお客様より頂いたモノ。

写真を撮るのが趣味のご主人。

新しいカメラの方が操作がしやすいとの事で、

長年お使いのこの「35-S」を工事のゴミと一緒に 処分しようとされていました。

 

「これ頂いても良いですか?」

 

最近は、フィルムカメラで写真を撮ることはなくなりましたが、

この素敵なフォルムに一目惚れ。

それ以来、自宅のお気に入りの場所に飾っていました。

 

スマートフォンやデジカメが主流の今。

いつかはこのカメラをきちんとレストアして、

ファインダー越しに覗いてみたいです。

昭和30年頃の良き時代の温かい雰囲気が蘇るかな。

 

 


Comments are closed.

Post Navigation