Ds EYE | Just another WordPress site | Page 4

今回、部屋に持ち込んだものたち③~ nani iro さんの色彩

 

 

椎名誠の著書に「風に転がる映画もあった」という本があって

天幕はって野外自主上映会をやる、風が吹くと 画像ごと転がってるように見える

みたいなシーンからのタイトルだったかな と 記憶しているのですが。

タイトルだけがあたくしの頭の中で一人歩きし続けてはや○○年、

「風に転がる」は気持ち良いことの 枕詞みたいになっております。

 

前置きが長くなってしまいました。

 

伊藤尚美さんという 水彩画家さんです。

京都のノムラテーラーという大きな手芸ショップで初めて見たのが出会いでした。

まさしく 「風に転がる」イロ を つなぎとめたみたいな 自由で透明感のあるパターン。

気持の良い音楽が聞こえそうな色彩。

 

マリメッコのテキスタイルを部屋に持ち込んだときに感じたのですが、

歌ってるような色彩には 強いチカラがあると思うのです。

隙あらば 大切な空間に使いたいなあ と 思うブランドのひとつが

この nani IRO さんの テキスタイル。

__ 2

今回は 窓周りではなく、白い壁に挟まれたパーテーションに

絵のように つるしてみました。

またご紹介させていただく 宇根田さんオリジナルの華奢なポールに

キッチンカウンターのグリーンに寄せて、

グラデーションの美しいWaterWindowのブロックチェック。

__ 3

通路幅に使うには 少し幅広ですが、 タイトルのサインを折り込んでしまうのが

もったいなくて そのまま 耳を見せたかたちで仕立ててみました。

柔らかいダブルガーゼのギャザーが スケール上の問題は吸収してくれ、

意外にこういう用途でのガーゼ生地採用 というのも 正解なのだなと

少し発見した気分。

光が微妙に透けるため、奥の部屋の明かりを気配として感じるとき

朝の 太陽を表面に受けたとき

それぞれに 違う表情を見せるのも 生きているみたいで楽しい。

少し片手をはなした感じのパターンを展開するnani IRO さんの生地は

がっつり 作りこんだカーテンよりも こういった 吊ってみた ひっかけてみた

あるいは はっきり絵として(パネルにして)飾る

もしくは クッションやスカートなんかにして 部屋にヒトにまとわせてしまう

という使い方 が お似合いな気がします。

 

そういえばこの間 TVで能年ちゃん(かの あまちゃんの です)が

お洋服つくるの趣味なんですー ゆーて 写真持ってきてたのが

ここの生地使って作ったワンピース、 意味もなく さすが!と うれしくなってみたり。

 

伊藤尚美さんの 世界は  http://naniiro.jp/ で 覗くことができます。

このほかにも 素敵な 布がたくさん。

手に取ってみると できるできない抜きにして 何かつくってみたい

もしくは 部屋に 持ち込みたい!

衝動に駆られます。

 

大阪のウツボ公園の近くにアトリエもあり、

魅力的なワークショップも ちょくちょく開催されてます。

一度参加させていただき、ご本人にもお会いしたのですが、

決して 口数が多いわけではないけれど

絵のような透明な色彩がにじみ出るようなお人柄が素敵な方でした。

 

 

 

今回、部屋に持ち込んだものたち② 〜 クラッシックカメラ

モノに偏愛な営業担当です(笑)

 

機能的に愛せるモノとかたちが愛せるモノ。

モデルルームに置いたモノたちの中で、

グッと部屋の空気感を 落ち着かせたのがこのカメラたちでした。

IMG_8605

 

クラッシックカメラたち。オリンパス「35-S」

昭和30年(1955年)というと、トヨタからクラウンが発売、

アメリカではディズニーランドが開園した年。

そんな年にオリンパスから発売されたのがこの「35-S」。

IMG_0663

当時としては最新式の35mmレンズシャッター機。

それ以前はノブ巻上げがほとんどであったものをレバー巻上げにし、

巻き戻しもクランクに・・・

 

・・・なんて言う、カメラの機能的なことにはあまり興味がないのです。

この圧倒的な存在感がずば抜けて好きです。

真鍮のボディの質感や手に取ったときのフィット感も。

 

実はこれ、以前に改装工事をさせて頂いたお客様より頂いたモノ。

写真を撮るのが趣味のご主人。

新しいカメラの方が操作がしやすいとの事で、

長年お使いのこの「35-S」を工事のゴミと一緒に 処分しようとされていました。

 

「これ頂いても良いですか?」

 

最近は、フィルムカメラで写真を撮ることはなくなりましたが、

この素敵なフォルムに一目惚れ。

それ以来、自宅のお気に入りの場所に飾っていました。

 

スマートフォンやデジカメが主流の今。

いつかはこのカメラをきちんとレストアして、

ファインダー越しに覗いてみたいです。

昭和30年頃の良き時代の温かい雰囲気が蘇るかな。

 

 

今回、部屋に持ち込んだものたち①〜アンティカさんの椅子

 

先日のオープンハウス、お天気もままならない中、
足を運んでくださった方々、ありがとうございました。

ハイツのショールーム完成後、
何をおこうか、となった時に、
まずはあたくしたちが 好きな、
お客さまにも紹介したい、知ってほしいものを、
まず選ぼう、ということになりました。

ちょいちょい趣味に走る癖が顕著なコーディネーターと、
もともとインテリアショップに勤めていた経歴から、
モノに対する偏愛ぶりが並々ならぬ営業担当、
そして 実は、な本業並みの趣味を持つウサギ、もとい
不動産担当が、有る程度好き勝手集めた
部屋ノリな、愛すべき備品たち。

少しずつ、愛を込めてご紹介します

 

さて 今回は アンティークの椅子。

其のムカシ とてもお世話になった監督さんが

ビンテージカーが めちゃくちゃ好きで すごいのみつけたとかいって

見せてくれるんだけれども こちらはさっぱり何がよいのかわからない。

で、マニアですねーすごいですね- とかいって流してたんだけど。

あほー同じ目的(移動すること)を果たすために ずいぶん前の解釈だと

コーユー形になって、それが今よりも格好良いってのはすごいことやんけ

(少々言葉使いが難ありですが ほぼ原文ままです)

と めずらしく 感心するお答えだったのを思い出しつつ。

 

20140728-201949-73189977.jpg

部屋の一番奥に鎮座している アンティークチェア。

座るという目的を果たすための、この頃の解釈。

1960年代のイギリスからはるばる海を渡り

亀岡の倉庫で少し眠った後、倉庫のような店舗に並んだ

シナ なのです。

20140728-201950-73190265.jpg

座面なんて クッションまでは 入れ替えていないので 正直へたっているのですが。

座ってみると ゆったり何とも言えない安定感。

「この頃」の「彼の国」のスケール感と 職人さんの想い

そして 愛されて使ってた記憶が与えた やっぱり「体温」 かな。。。

そのころの感覚が導き出した解答は、

今だと狙ってもたどりつけない 少し ごっつい  少し過剰  なカタチ。

でも  何とも言えない 体温が あります。

この、狙っても再現できない ズレが生む 何とも言えない感覚・有機的な存在感が

アンティーク家具の一つの魅力なのかも、と  眺めてみて 座ってみて 改めて思ったりして。

鉢に水やりをしたり 掃除をしたりで 一人で部屋に入ったときにとくにそれを感じます。

それは チェアだけでなく、チェストやダイニングテーブルでも

同じこと なのでしょう。。。
お店は 亀岡のアンティカとモダン~ロンドン商会さん。

http://www.antika.jp/

私たちは亀岡の倉庫のような店舗から この子をつれて帰りましたが

アンティークの体温に少し触れるのならば

四条烏丸ラクエなど 専門店にも 入っておられるようです。

あたらしいものに今ひとつ 心惹かれないとき

運命の 出会いが待っているかも^^

オープンハウスのお知らせ!

10525670_836352986375675_564932126795972804_n

今週日曜日 7月27日、 LABOショールーム山科ハイツ、

オープンハウスを行います。

リノベーションに興味のある方はもちろん、

カフェ風インテリアに興味のある方 などなど

DEZAOの 今までとちょっと違ったテイストでお待ちしております。

 

地下鉄東野駅すぐですので ちょっと 見てみたいなあ

くらいの ご興味ひきましたら

どうぞ どうぞ お立ち寄りくださいませ。